当サイトについて

図書館司書とは?一体どんなお仕事なんでしょうか?図書館司書の基本的な情報からどこで資格が取れるかをご紹介しています。まずは資格習得を目指し夢である「図書館司書」にぜひなってください。

illust3528thumb.gif
図書館司書とは、図書館で利用者の読みたい本を探したり、調べ物をサポートしたりと、サービスを行う本のプロフェッショナルの事です。

図書館司書は、「図書館法」で定められた資格で、基本的には公立図書館(都道府県および市町村区の各自治体管轄の図書館)で働く際に必要な資格です。

図書館司書の仕事に就く為に必ず資格が必要かといえば実際は、必ずしも必要ではありません。雇用形態の多様化で民間企業に運営を委託する図書館もあり派遣やパートといった雇用で資格がなくても図書館で働くことは可能なのです。

しかし、図書館司書の資格がないと採用試験を受けられない図書館もありますし、大学の図書館でも資格が必要な大学も数多くあります。

では、図書館司書になるためにはどうすれば、いいのでしょうか?
それには三種類の方法があります。
①大学在学中に図書館司書の課程を専攻し単位を修了する
②通信教育を利用して単位を修了する
③夜間大学に通っての単位を修了する。

図書館司書の資格は試験を受けて資格が取得できるのではなく、一定の単位を修了することで資格取得となります。

したがって、やる気しだいでは最短1ヶ月で取ることも可能なのです。

まずは資格を取得することを目標にぜひ思い描いたご自分の「図書館司書」スタイルをおくってください。


>>>文部科学省による図書館司書の単位認定大学の一覧<<<


>>>図書館司書を目指せる大学がわかる! リクルート進学ネット<<<